面接の基本的マナーは、挨拶からはじまっています。

集団面接における有効な回答の準備

面接の挨拶や服装などの基本的マナー

集団面接における有効な回答の準備 面接の基本的マナーは、挨拶からはじまっています。挨拶はお互いの存在を確かめるサインでコミュニケーションの基本となり、自分はできていても相手に認識されていなければ挨拶していないと同じです。挨拶一つでその後の流れがスムーズになる事もあるので、第一声は普段より大きめの声で元気に、相手を方を向いてはっきりと相手に届く挨拶を行います。笑顔を心掛けて、口角を上げると声の大きさもよくなります。

身だしなみは人の第一印象を大きく左右します。面接時には一瞬の印象から応募者がどんな人間なのか、普段の仕事ぶりなども推測されるので、髪型やメイク、スーツの着こなし、靴やアクセサリーなどチェックされる場所が色々あります。清潔感があるか、ビジネスシーンに合っているかなどが基本的にみられていて、外見は思っている以上に面接官に影響を与えています。面接に臨む前に採用担当者に失礼がない服装をしているかを鏡の前でチェックを行った方がよいです。

面接がはじまると表情に緊張が出て、視線が定まらないなどの普段とは違う状態になってしまう応募者も少なくないですが、初対面の人には誰でも多少の緊張するという点を採用担当者は想定しています。ただし、コミュニケーションが取れない程の状態になっている場合には印象に影響されてしまいます。面接は試されている場で、人との対話の時間なので、相手の視線に合わせて笑顔を忘れずに、どうしても緊張が過ぎる場合には、緊張をしている事を面接官に伝えてしまっても大丈夫です。

イチオシサイト

Copyright (C)2019集団面接における有効な回答の準備.All rights reserved.