普段から人に話をする仕事をすることもあれば、どちらかと言えば自分で黙々と作業をする仕事の人もいます。

集団面接における有効な回答の準備

面接ではいつも話すトーンよりも少し高めを意識

集団面接における有効な回答の準備 普段から人に話をする仕事をすることもあれば、どちらかと言えば自分で黙々と作業をする仕事の人もいます。普段から話している人は話し方などがある程度わかっています。どう伝えれば伝わりやすいかがわかります。抑揚をうまくつけながらポイントになるところできちんと強調することができます。営業担当者がそうですし、システムエンジニアも人と話をすることが多いです。

一方で事務職、技術者の中でも指示を受けて行う人などは普段はもくもくと仕事をしています。あまり話をしないので、相手に伝えることができない場合があります。抑揚などがつけられないので、大事なところもそうでないところも同じようなトーンで話をしてしまうことがあります。同じことを話すにしても伝わりやすさで大きく変わることがあります。

普段あまり話をしない人が面接をするときには、いつも話をするよりもトーンを少し高めにするようにしてみましょう。そのためには事前の練習が必要です。いきなりやろうとすると裏返って逆に印象が悪くなります。できれば第三者に聞いてもらい、声が高くなっているかを確かめてもらいます。トーンを少し上げることで自信をもって話ができるようになります。大事なところの強調もしやすくなります。

イチオシサイト

Copyright (C)2019集団面接における有効な回答の準備.All rights reserved.